永久脱毛をする人の心理と後悔をしている人の気持ち

 

永久脱毛をする人、しようと思う人の心理で多いのは脱毛サロンの光脱毛で満足できなかったことが多いです。

 

基本的にきれいになりたい、ムダ毛の処理をなくしたいという気持ちが根底にあるのですが、やるからには永久の効果が欲しいのです。

 

またその逆で永久脱毛をすることにより後悔をしている人もいます、脱毛サロンにしておけばよかったと思う人もいるのです。

 

永久脱毛をする人の心理

永久脱毛している人のきっかけとして多いのが、以前にどこかのパーツを脱毛したことがある人です。

 

安い価格が魅力で、気軽に利用してみた脱毛サロンで1箇所だけ脱毛していたけど、通っているうちに他のパーツもきになりだし、全身脱毛に移る人が多いのです。

 

また、脱毛サロンを利用しているとわかるのですが、確かに毛の量が減ったり、生えてくる間隔が長くなったり感じられるのですが、完全にムダ毛がなくなるわけではないんですよね。

 

脱毛サロンでは光脱毛で行っているので、毛根を破壊しません。そうなるとムダ毛はまた生えてきます。
そういった点からも、今度は医療脱毛で全身を永久脱毛したいという気持ちになってきます。

 

医療脱毛は脱毛サロンに比べて高額なイメージですが、永久的に毛が生えてこないことや長い目で見ると、決してそんなに高くはないのです。痛みも脱毛サロンよりも強いといわれていますが、今は最新機器を使っていることで軽減されたり、希望があれば麻酔を使ってくれたりと、痛みに対する不安は持たなくても良いでしょう。

 

脱毛サロンでも医療脱毛でも、1度脱毛を経験してしまうと、ちょっとのムダ毛でも気になってしまうんですよね。自己処理すると手間がかかるし、肌へも負担がかかってしまうことから、永久脱毛を選ぶ傾向にあります。

 

もうムダ毛が生えてこないとなると、ムダ毛処理のことを考えなくてもよいし、ずっとツルスベ肌でいられるので、毛が濃い人ほど人気がありますね。

 

永久脱毛をして後悔している人

誰もが憧れるムダ毛のないツルスベ肌。永久脱毛したら手に入ると思っていたら、後悔する人もいるようなんです。

 

医療機関で行っている永久脱毛は、医師免許を持っていないと扱えないような機械で、毛根から破壊するので、それだけ脱毛威力が強いです。

 

皮膚が弱い人は、施術した後に痒みや乾燥といった肌トラブルがおきる場合があります。医師がいるので、適切な処置をしてもらえますが、あまりにも肌に合わないようだと脱毛よりも治療に専念するハメになってしまいます。

 

思うように脱毛が進まず、これなら永久的じゃなくても脱毛サロンにすれば良かった・・と後悔する人もいるかもしれません。

 

もともと、毛というのは体を守るためにあるものです。美意識が高くなったことで脱毛することが当たり前のようになってきていますが、脱毛することで雑菌や汚れが体の中に入ってしまうデメリットもあります。

 

特に、VIOのようなデリケートゾーンは、毛があることで守られている点もあるので、一概に脱毛するべき場所とも言い切れません。

 

脱毛前に医師からメリットデメリットの説明はされますが、最終的な判断はお客様なので、全部脱毛したいと言われれば脱毛してくれます。

 

お客様の要望によっては、完全に脱毛しないで、少し残しておくような形で脱毛したりできるので、そういったことも考えて脱毛するといいかもしれませんね。