妊娠中の脇脱毛の注意点

妊娠中に脇脱毛をしたいと思ったらいくつか注意することがあります。

 

〇妊娠中の脇脱毛に関する3つの注意点

 

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化するため、女性の体には妊娠前とは違った異変がいくつも起こります。

 

そのうちの一つがムダ毛が増えることです。

 

妊娠すると分泌量が増える女性ホルモンの“エストロゲン”にはメラニン色素を作り出してしまう作用があり、実際にはムダ毛が増えるのではなく、今生えている毛が濃くなってしまいます。

 

産後は赤ちゃんのお世話で自分の時間がかなり制限されるため、妊娠中にできるだけ脱毛しておきたいですね。

 

脱毛サロンやクリニックでは妊娠中の施術は断られてしまうため、自宅で行うしかありません。

 

そこで妊娠中に脇脱毛をする際の注意点を紹介します。

 

・体の調子がいい時に行う

 

妊娠中のホルモンバランスが乱れている時は肌もデリケートになっています。普段でも脇のような濃いムダ毛の自己処理は肌トラブルが起きやすいため、少しでも肌や体調が悪いなと感じる日の施術はやめておきましょう。

 

・自己処理アイテムのおすすめは2つ

 

自己処理アイテムで人気があるカミソリやシェーバーは処理に失敗すると出血する可能性があり、肌がデリケートになっている時は一生消えない色素沈着になってしまいます。

 

そこでおすすめしたいのが肌に優しいアイテムを使うこと、具体的には家庭用脱毛器か除毛クリームです。

 

家庭用脱毛器はエステと同じ光脱毛タイプなら出力の調整ができるため、肌が弱くても施術ができます。

 

除毛クリームはニオイが気になるなら使わないこと、使うなら天然の成分が多く使われたものを選びましょう。

 

・処理後は必ず保湿する

 

施術で少しでも肌が傷ついたら面倒でも消毒すること、そして自己処理で肌が受けたダメージを抑えるために化粧水や乳液で保湿を必ず行いましょう。

 

 

妊娠中脇脱毛家庭用脱毛器ケノン
脱毛器 ケノン(ke-non)
ケノンはすごく売れている家庭用脱毛器です。
雑誌でも多数取り上げられており、脱毛サロンに通えない人も多く使っています。
妊娠中の方も自宅で脱毛ができます! 産後も使えるの便利です。
>>ケノンの公式サイトはこちら<<

 

妊娠中脇脱毛ケスルン

妊娠中脇脱毛
湘南美容外科とヤーマンの共同開発シーオーメディカルの家庭用美容脱毛器がケスルンです。
ケスルンは、コスパも優れており美容医師監修の商品なので安心です。
妊娠中や産後の方におすすめです
>>ケスルンの公式サイトはこちら<<

脇脱毛と授乳

産後の授中の脇脱毛についての注意点を紹介します。

 

〇授乳中の脇脱毛は自己処理がおすすめ

 

授乳中に脇脱毛をしたくても多くの脱毛サロンでは断られてしまいます。

 

その理由は主に2つ、女性ホルモンのバランスが乱れている時は施術で痛みを感じる可能性があること、また“プロラクチン”という母乳を作るホルモンにはムダ毛を濃くしてしまう作用があり、無理して施術をしても意味がないのが理由です。(実際に「授乳中でも施術可能」という脱毛サロンはあります。)

 

つまり授乳中の脇脱毛は自己処理で行うしかありません。

 

ちなみに自己処理アイテムはいくつもありますが、肌が敏感になっている時は電気シェーバーや家庭用脱毛器、もしくは除毛クリーム(ニオイが気にならないもの)がおすすめで、肌を傷つけやすい毛抜きやカミソリはおすすめできません。

 

〇女性ホルモンのバランスが安定する時期

 

授乳中の施術ができない脱毛サロンでは生理が再開したら施術可能です。

 

女性ホルモンのバランスが安定すれば濃い毛が多い(痛みやすい)脇でもその心配はほとんどなく、効果も十分に期待できるためですが、具体的にいつ再開できるのでしょうか?

 

もちろん個人差がありますが目安は“生理が2〜3回程度きたら”です。脱毛サロンでもこのような条件を設定している所が多く、自宅で脇脱毛をする場合でもちょうどこの頃から肌トラブルの心配はほとんどなくなります。

 

ちなみに妊娠中に多くの人が「ムダ毛が濃くなった」と感じますが、これは女性ホルモンのしわざです。産後に女性ホルモンのバランスが安定すればムダ毛も元の濃さに戻ってきます。
何かと忙しい産後こそ、焦らず時間ができた時にゆっくりと処理することをおすすめします。