自宅で脇脱毛をする:ちゃんとした脱毛機でサロン仕上がりを目指す

脇脱毛を自宅でしたいという人は安全で効果の高い脱毛機で脱毛することをおすすめします。

 

カミソリや毛抜きでぶちぶち抜くとかは黒ずみが取れなくなるかもしれないのでやめましょう。

 

自宅で脇脱毛をするには

自宅脇脱毛自宅で脇脱毛に最適な家庭用脱毛器

 

「仕事が忙しいから」
「小さな子がいて外出できないから」
「近くに脱毛サロンや信頼できるクリニックがない」

といった理由で脱毛サロンや病院で脱毛する時間がとれない人は自宅で脇脱毛をしてみてはいかがでしょうか?

 

脇のムダ毛は他の部位よりも濃いこと、また特に女性は暑い季節になると脇こそかなり頻繁に自己処理をするため肌トラブルが起きやすいです。

 

自己処理の方法はいくつもありますが、できるだけ肌トラブルを起こさないためにおすすめしたいアイテムが“家庭用脱毛器”、家電量販店や通信販売で購入できます。

 

自宅脇脱毛脇脱毛で使うなら光脱毛タイプがおすすめ
※家庭用光脱毛で売れているのはケノン
>>ケノンの公式サイトはこちら<<

 

家庭用脱毛器には主に光脱毛タイプとレーザー脱毛タイプ、そしてシェーバータイプの3つがあります。

 

シェーバータイプは肌には優しいものの、処理できるのは肌に見えている毛だけ。それ以外のタイプは毛根からムダ毛を処理できる分、次にまたムダ毛が生えてくるまでの期間が長いのがメリットです。

 

そして特に脇脱毛におすすめしたいのは光脱毛タイプです。

 

太いムダ毛は痛みを感じる可能性があるためで、レーザー脱毛よりも痛みを感じにくい光脱毛タイプならVラインや男性のヒゲでも痛みを感じる心配がありません。出力調整機能がついているものならなお一層おすすめです。

 

ちなみに光脱毛タイプとレーザー脱毛タイプは一度ムダ毛がなくなればずっと生えてこないイメージですが、実際にそのパワーはどちらも脱毛サロン程度。

 

特に脇のムダ毛は一度なくなってもまた生えてくる可能性がありますが、家庭用脱毛器ならいつでも使えるから安心です。

 

永久効果のある医療クリニックのレーザー脱毛ほど家庭用のレーザー脱毛はパワーがないので永久脱毛とはいきません。

 

※あの湘南美容外科と共同開発のケスルンは家庭用光脱毛器です!ケノンより安い
>>ケスルンの公式サイトはこちら<<

自宅で脇脱毛ならケノンがおすすめ

家庭用脱毛器は種類も値段も様々、どれがいいかつい迷ってしまいます。
ケノン
脇脱毛に最適なものを選んでいる人におすすめしたいのが“ケノン”です。

 

脱毛サロンと同じ光脱毛タイプで安心の日本製なので安心して使えることの他、下記のような理由があるからです。

 

○4つのカートリッジで使い分けできるから

 

医療機関で行われているようなレーザー脱毛タイプの家庭用脱毛器はレーザーを照射する部分の面積が狭く、中には円形のものもあります。

 

狭い脇とはいえ、慣れていない人だと照射漏れが出てしまう可能性があるのです。

 

しかしケノンには狭いものから広いものまで4種類のカードリッジ(光を照射するヘッド部分)があるため、部位によって使い分けることができます。

 

脇はもちろん、腕や脚など広い場所でも時間がかかりません。

 

○美顔機能がついているから

 

ケノンにはスキンケアカードリッジもついています。

 

ここから照射される光はエステのフォトフェイシャルで使われる光と同じでシミやそばかすの原因である色素を次第に薄くしてくれるだけでなく、肌のコラーゲンを作り出す作用もあり、ツヤのある肌を作ってくれるなど特に女性には嬉しい効果が期待できます。

 

美顔のためだけにケノンを使っている人も少なくありません。

 

○照射レベルを調節できるから

 

ケノンは光の照射レベルを10段階に調整できます。産毛のような薄い毛は数値を低めに、そして脇のような太い毛は数値を高くした方が効果は期待できます。

 

ちなみに脇はできるだけ強い6〜8程度で照射するのがおすすめ。ただし数値を上げると痛みも感じやすいので、特に最初は調節しながら行いましょう。

 

ケノンケノンは公式サイトでの購入がお得でおすすめです

 

ケノン

自宅で脇脱毛なら湘南美容外科共同開発のケスルン

脇のムダ毛は他の部位よりも太くて自己処理もしにくい上、無理して行うと肌を傷つける可能性があります。

 

綺麗に、かつ肌トラブルの心配がほとんどなく、脇のムダ毛を自己処理したい人におすすめしたいのがテレビCMでもお馴染みの湘南美容外科とヤーマン(メーカー)が共同開発した光脱毛器“ケスルン”です。他の光脱毛タイプの家庭用脱毛器と比べてケスルンがどれだけすごいか、下記の特徴を見れば納得できるはずです。
ケスルン
○コスパがいい

 

家庭用脱毛器は決められた回数使ったらカードリッジを交換しなければなりません。(もちろん有料)ケスルン公式サイトの情報では全身脱毛で使っても495回使えるとのこと、2週間に一度全身脱毛をしても20年近く使える計算です。

 

例えば家庭用脱毛機で断トツに人気の高いケノンでも、一つのカートリッジで全身脱毛が20回程度(最高パワーで照射した時)行ったら新しいものに交換が必要で、ケスルンほどコスパのよい脱毛器は他にありません。

 

しかも本体代がケノンより3万5千円ほど安いのがうれしいです。

 

○出力を10段階調整できる

 

そもそも光脱毛はレーザー脱毛よりも痛みを感じにくい仕組みですが、脇のように太いムダ毛は光脱毛でも痛みを感じる人もいます。

 

ケスルンは光の出力を10段階に調節でき、痛いなら弱めに、痛くないなら出力を上げれば効果も高いです。

 

脇はもちろん男性のヒゲから10代の柔らかいムダ毛まで、まさに一家に一台常備しておきたい脱毛器です。

 

○冷却機能付きで肌トラブルの心配なし

 

家庭用脱毛器でも施術後のお肌の冷却は欠かせません。
ケスルン
他の機種ではお肌を冷却するために別途アイスパックを用意している人もいますが、ケスルンにはクールモード(お肌を冷却する機能)がついているので施術後に使えば赤みやかゆみなどの肌トラブルを防げます。

 

>>ケスルンの公式サイトはこちら<<

ブラジリアンワックスで脇脱毛

○VIO用のブラジリアンワックスも脇脱毛もできる

 

ムダ毛の自己処理アイテムはいくつもありますが“ブラジリアンワックス”の名前は聞いたことがあっても実際に使っている人は少ないのではないでしょうか?主にデリケートゾーンのムダ毛処理で使うブラジリアンワックスは海外では定番です。

 

日本でも徐々に人気が出つつある現在、ブラジリアンワックスを使った施術を行う脱毛サロンもあり、毛質の似た脇のムダ毛も処理できます。

 

そんなブラジリアンワックスは油性か水性の成分のどちらかを使っています。

 

水性タイプの主成分は“はちみつ”や“水あめ”、つまり天然の成分なのではがす時も強い力は必要ない分、肌へのダメージも少なく肌の弱い人でも安心して使えます。

 

○ブラジリアンワックス=痛い?

 

施術を受けた人ならわかると思いますが、ほとんどの人が痛みを感じます。脇のような濃いムダ毛は普通の毛質と比べるとその痛みも一層感じるはず。でも一度に広範囲を施術できるため、脇のような狭い場所は一瞬の痛みを我慢すればすぐにムダ毛がなくなります。

 

しかもカミソリやシェーバーで処理するのとは違いムダ毛が毛根からなくなる分、次にまたムダ毛が生えてくるまでの時間も他の方法と比べて長いのがメリットです。

 

さらに口コミを見ると永久脱毛の効果までは期待できないまでも、回数を重ねるうちに次第にムダ毛が薄くなっていく人もいます。

 

様々な種類があります。水性の成分を使ったものならそれほど痛みを感じないため、初心者はまずこちらから試してみては?

 

もし施術で出血するようなことがあればかならず消毒を、そして保湿もしっかりと行いましょう。